Atelier

logo_asymmetry_nya

山本展久アトリエ 荒川企画室(nya | nobuhisa  yamamoto atelier)

公式サイト・SNS
山本展久アトリエ 荒川企画室 (http://nobuhisayamamoto.com) | logo_tw | logo_fb

 


 

はじめに

—東京・荒川に設けた活動拠点—

なにか発見したとき、まず企画を立ててみます。
そうすると、この企画について話をしてみたい相手の存在に気付きます。
僕にとって、いろいろな人といっしょに活動することが作品づくりにはとても大切なことだと感じています。
とすると、企画は人と人をつなぐコミュニケーションツールのようなものですね。

また、事務所は東京都荒川区にあります。
下町の小さな工場(こうば)が並ぶような地域で生活し、消防団で活動したりしながら、いろんな職人さんや地域活動に熱心な方々に出会い、少しずつ人の繋がりを実感できるようになりました。
もっともっといろんな人と関わりながら活動できる、そういう力をこの場所から感じ取ることができます。

ここで、多くの人と関わりながら作品をつくれるように、
「荒川企画室」を添えました。
将来的には建築士事務所の登録ができるように準備を進めながら、
建築物だけでなく、さまざまな作品をつくっていくための拠点として、
山本展久アトリエ 荒川企画室を設けます。

 

2016.4 山本展久


 

基本理念

—建築を通じて、日々を生きるための新しい世界の見え方を提案する—

近所を散歩していると、いつもと全く変わっていないはずなのに、「こんな道、あったかな」なんて思うことがあります。僕にとってそれは新しい発見で、これまでと地続きでありながら、新しい世界の広がりを感じさせてくれます。
そんな日々の中に潜む、”新しい世界の入り口”に、僕は惹かれます。

日々はときに狭く、ときに退屈で、ときに難しいものに感じられます。
そのたび、僕は新しい発見に導かれた、新しい世界に救われます。

建築は、日々に寄り添うようにつくられています。
そのため、建築が日々に与える影響は大きく、建築には日々そのものや、その見え方を変えてしまうだけの大きな可能性と、役割が与えられています。

建築(=建築的な考え方)を提案することで、それぞれの目の前にある日々をどう楽しめばいいのか、その方法、またはそのきっかけについて伝える。
そんな建築を通じたコミュニケーションが、これまでの日々に可能性を与える。
山本展久アトリエ 荒川企画室は、建築を通じて、日々を生きるための新しい世界の見え方、つまり”新しい世界の入り口”をつくることで、人々の生活に貢献します。

2017.4 山本展久


mailaddress